霜華百態

足元の小さな世界

ご意見など

当ブログは現在コメントを受け付けておりません。ご意見等ございましたらツイッターの @Thida_Laxmi まで頂けると嬉しいです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

リンク

プロフィール

thiidasun

Author:thiidasun
Thida LaxmiというHNで蠢いております。”てぃーださん”とお呼びください。

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セオリー通りで安心

霜09/02/22

気温が氷点下にならないのに、何で霜ができるんだろう?

そんなソボクな疑問を持っていましたので
その疑問を解決すべく、100均で温度計を買って
測ってみることにいたしました。(^^)b

観測日は2月22日。
この日発表された大阪の最低気温は2.1℃でした。
観測、といいながら迂闊にも箕面エリアの気温発表を
チェックし忘れてしまったのですがorz
iモードでの普段の数値は、「大阪府の気温」と、そう変わりません。

そんないいわけも挟みつつ、マイ温度計では-2℃
自分の体感的には、ちょっと意外な低さでした。
では、いつものポイントへ。
上の写真は部分的に霜付きがいいものを選んでいますが
普段の霜見レベルでは、とても満足できるほどではなく・・・
それでも草の上を測ってみると
温度計
-7℃!
まさかここまで下がっていたとは!
でもこれは「満足できない状態」の温度。
いつも霜見しているときの温度は、もっと低いということですねぇ。
そんな中を私は霜撮り遊びまわってたのか・・・

なんか・・・自分、すごいな・・・(--;)

ともあれ、「気温」が高いと感じても
地表はちゃんと冷え冷えなのだということ
そして「物が凍る」というのは氷点下でのみ起こるのだと再確認。

なんか安心しましたよw

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。